calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

archives

佐藤純一へのメール Mail to Jun-ichi Sato

矢中さん家

僕には以前から、気になる事がありました・・・

yanakagennkan1.jpg

この写真は、『たかぼんのつくば市北条の古民家暮らし』っていうブログから拝借した写真ですがぁ、
左上に見える何重にも重なる緑色の光が見えますか
わかる人には、その他にも、いろいろ見えますよね

IMG_2272.jpg

そんで、こちらの早川くんが、矢中さん家でNPO法人の会長として働いているので、

IMG_2320.jpg

矢中邸の中を見せてもらいました
っていうかぁ、庭に足を踏み入れただけで、聖地レーダーが反応しまくっています

そうそう

矢中さんっていうのは、矢中龍次郎さんのことで、セメント防水剤の『マノール』を発明した人で、紫綬褒章なんかももらった、成功者です

まぁ、早い話が贅沢の限りを尽くした豪邸な訳ですが、この豪邸が、土と草に埋もれてたのを筑波大の連中がきれいにしたんだって・・・素晴らしい功績になると思います

IMG_2292.jpg

ここも、

IMG_2291.jpg

ここも、
土と草に埋もれてたそうですよ。

IMG_2320.jpg

そんでこのこの基礎の部分が栃木でおなじみの大谷石な訳ですがぁ・・・
左下のドアを開けると・・・

IMG_2294.jpg

素敵なスペースになってて、

IMG_2293.jpg

右奥もこんな感じで、隠れ家的なスペースで、落ち着きます。

IMG_2288.jpg

みなさん、お出迎え、ありがとうございますって感じです。

IMG_2295.jpg

左の方には女中さんの部屋や台所、便所があり、

IMG_2301.jpg

右の方へ行くと、何やらパワーが強くなっていきます
さらに奥へ・・・

IMG_2299.jpg

矢中さんの書斎です。

IMG_2300.jpg

矢中さん、こんにちは
僕、ここでコンサートやりたいです

IMG_2303.jpg

廊下を通ってさらに奥へ・・・
ここも土と草に埋もれてたそうです。
ここもパワー強いけどぉ・・・まだ言えないなぁ

さらに奥へ・・・

IMG_2304.jpg

別館の入り口。
位の高い人をお迎えする館だそうです。

IMG_2307.jpg

スゴイでしょ
ふすまに直接かかれた絵もスゴいけど、
その上の水墨画もスゴイここにいながら全国の名所が堪能出来る絵なんだって

IMG_2308.jpg

このテーブルの漆だって一度も手を加えてないのに、このビカビカな感じはそうとうな品物ですね

IMG_2305.jpg

そして二階へ
階段が全くたわまない素晴らしい作りです

IMG_2309.jpg

このスペースから母屋の屋根に使ったセメント防水剤のマノールの状態をお客さんに見せてたんでしょうかねぇ・・・

IMG_2312.jpg

ここもスゴイ絵や家具が並びます。
ここでもコンサートやりたいな

そんで・・・

IMG_2314.jpg

この天井、神社の天井みたい

IMG_2315.jpg

矢中さん、神社好きでしょ
そんで、もしかして、霊能者でしょ
そんで、聖地を選んで、この豪邸を建てて、みんなにも神霊のパワーをわけて幸せになってもらおうとしましたね

それから、みなさん、この写真の下の緑色の光が見えますか
いっしょにこの家を案内してくれてありがとうございました

ここは素晴らしいところです
でもね、放置しちゃったせいなのかなぁ・・・
たぶん、見えない扉が、ひっちゃかめっちゃかです
NPO法人の連中にやらなきゃいけない事があることを、誰かが教えてあげないといけませんね

そうそう

IMG_2296.jpg

河合楽器製造が作ったミニピアノです。
状態良いです
そして特別な音がします
誰が弾いてたんでしょうねぇ・・・女中さんかなぁ・・・子供かなぁ・・・
わからないけど、何か言いたそう・・・
ドの音の鍵盤の下に丸いエネルギー体と・・・手かなぁ
このピアノの音はスゴく良い音だから、悪い人じゃなさそうな気がします。

・・・

ここは素晴らしい場所です
絶対、コンサートやりたいです
よろしくお願いします

矢中の杜の守り人ブログも見てくださいね。

コメント
初めまして、矢中です。龍次郎の孫で、現マノールの代表を預かっております。訳あって手放しましたが、お褒め頂き、草葉の陰で龍次郎爺も喜んでおります。ピアノは、龍次郎の息子、亡き私の父が幼少の頃、習わされる為に、物資のない頃、難儀して?購入して弾かされたと聞いております。オーブありますが、悪さされたことは無いのでご安心を!建物は、当時の腕のある宮大工と設計から龍次郎が納得出来るものを宮大工と難儀して決めたと聞いております。作りは、民家ながら、神社仏閣の作りです。龍次郎も、父、正一も音楽は好きでした。NPOと相談して、是非、素晴らしい音楽活動を矢中の杜で開催してください。突然、不躾にコメントしてお許しください。
  • 矢中光三
  • 2014/11/15 1:16 AM
矢中さま
コメントありがとうございます。
矢中の杜へお邪魔したのは4年前のことで、色々と忘れていました。矢中さまのコメントをきっかけに思い出すことができましたので、NPOに連絡して、音楽活動をさせていただきたいと思います。その時には矢中さまも是非お越しくださいませ。
  • さとじゅん
  • 2014/11/16 7:02 PM
コメントする