calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

archives

佐藤純一へのメール Mail to Jun-ichi Sato

完璧にはならないように出来ている

物事は絶対に完璧にはならないように出来ていると思います。
その辺の神様がどんなに頑張って物作りをしたって完璧にはならないように出来てると思います。
それは、たぶん、その完璧にならない部分で揺れ動き試行錯誤する予知を与えているからだと思います。そうすれば、常に完璧を目指して勇む気持ちがきたえられるからだと思います。

どんなに完璧に建築物を作っても、そこに人が住み、自由に揺れ動く予知が残っているし、
音楽なら、どんなに完璧に作曲した作品を完璧なテクニックと音楽性を持った音楽家が演奏しようと思っても、多少の我を吹き込む予知が残っています。CDだって、どんなに完璧な演奏をどんなに編集しても、その再生機械が完璧でも、リスナーが自由に感想を持つ予知が残されています。

だから、どんな物でも、常にゆらゆら揺れ動きながら、段階を増していって、そこに我を入れて物事を作り上げようとする限り完璧はないし、その不完全さが勇む気持ちを絶えさせないこの世の最高のシステムなんだと思います。

さて!
練習、練習!

コメント
ふと思ったのですが、地球が揺れているのも、人が生きることを勇む気持ちを絶えさせない為なのでしょうか…?
確かに日本人は、勇む心が無気力だったかもしれません。
考えたくないけれど、あの半端ない犠牲者の数は今の人達に警告を…?

残された私たちは、どれほどの大きなものを背負っているのでしょうね…。
  • はーこ
  • 2011/05/11 2:36 AM
はーこさんへ

そうですね。
すべてはつながっているので、何かが揺れれば、すべてが揺れるでしょうね。そして新たな勇む気持ちが生まれるんだと思います。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック