calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

archives

児童虐待は110番!

iPhoneImage.png

 

栃木市のTwitterでこんな書き込みがありました。

 

児童虐待かもと思ったら189番(児童相談所)

 

っていう内容です。

 

僕はこれには絶対反対です!

児童虐待は110番です!その後で児童相談所です。

 

なぜなら児童相談所の人は許可なしで被害者の家に入ることができないからです。

虐待する親なんて外面が良いに決まってるんだから、そういう毒親が嘘で逃れてる間に、また虐待を繰り返します。

でも警察なら被害者の家に入っていけます!

そしてもし毒親が何もなかったように演じても、警察は110番通報があったことを尊重し、毒親に対し、一筆書かせます。

 

虐待はしません。

 

という内容です。

もう少し長く書くけど、そういう内容です。

そしてその後この一筆が効きます!

その後、警察は現場の様子を通報者に伝えてくれるし、

児童相談所への一時保護が早急に必要な場合は警察が児童相談所に連絡してくれます。

 

さて警察に書かされた一筆がどう効くかというと、

児童相談所の一時保護というは、被害者ばかりじゃなく、加害者(いわゆる不良少年)も同じ環境で暮らします。

だから被害者はさらに心が傷つく可能性が高いです。

そうすると、毒親が虐待しないようにして、学校などの環境を変えずに暮らせるようにするのが苦肉の策ということになります。

その時に、毒親に暴言暴力をさせずに飯だけ出すようにさせる効力があるのが、警察に書かされた一筆ということになります。

だってもし、もう一回虐待したら逮捕なんですから!それに虐待で逮捕されるような毒親と暮らすより児童養護施設で暮らす方が、ずーっと幸せです。躾(しつけ)と言って日々洗脳されて、虐待が当たり前のような環境で生きた子が大人になって自分が精神的に病んでることを理解できる人がどれだけいるのか。光の方向へ上手く導いてくれる人と出会える人がどれだけいるのか。今の社会で道理がある責任を取れる人は非常に少ないですからね。

 

栃木市にも、こういう窓口が出来ちゃったんですね。

ちなみに鹿沼市のこういう窓口はクソでした!

超簡単にいうと「助けてくれ」って子どもが何度言っても「この人(親)は仕方ない」って言うんですから。

僕の名前を言ってもらえれば何があったかわかると思います。

ちなみに栃木県の児童相談所の人は、最初に警察に通報する判断は合ってるって言ってました。

そして虐待の経緯と鹿沼市の窓口とのやりとりを話したら、児童相談所から鹿沼市のそういう窓口の人に指導するって言ってました。

 

もし僕が推奨するこの作戦を実行する場合、どんなに警察の一筆があったとしても、おびえる子どもは毒親のところに戻ることを嫌がるでしょう。でももし、マジで地域のみんなで子どもを守るように環境を変える気があるなら、何があったのかの経緯と再犯が起きた時には110番して欲しいと言うことを書いた手紙をその子の近所の軒数だけ用意して、担当者と警官と子どもで近所の一軒一軒を訪ねて説明とお願いをして回って、留守の家には手紙をポストに入れるっていうことをするべきだと思います。ちなみに僕は一人でやりました。本来は子ども(被害者)も一緒に居るべきです。子どもなりに、いろんなことを感じ取れるから。

そんでね。後日、近所の皆さんから僕のところに電話がかかってくるわけですよ。

「虐待する人には見えない。」「俺は信じない。」

ってね。毒親なんて、みんなそんなもんです。外面が素晴らしいんですよ!信じてくれない人に説明するのは大変です。でも警察沙汰になってる事実は説得力があるんです!

 

とにかく、

虐待は110番です!

 

 

すべてはつながっている。